アイドル

アイドルのライブ別メリット&デメリット #ワンマン編

アイドルのライブと言っても、フェスや対バン、ワンマン、リリースイベントなどなど、様々あります。

どれに行っても楽しめるのは間違いないですが、3年アイドルオタクをやっているうちに、それぞれにメリットとデメリットがあるように感じました。

今回はそのことについて、ワンマンライブ(以下 : ワンマン)に焦点を当てていきます。

1.アイドルのワンマンとは?

結構一般的に知られている単語だとは思いますが、ワンマンとは「1組のアイドルが主催で行う、そのアイドルだけのライブ」です。

ゲストで誰かしら出演することもあります。

ゲスト云々の例外を除けば、出演するのも特典会を行うのも、全てそのアイドルだけです。
ワンマンツアーであれば、それを全国各地で行うということになります。

2.ワンマンのメリットとは?

ワンマンについての概要は、1で書いた通りです。
次に、アイドルのワンマンに行くメリットなるものを書いていきます。

中の人が思うことをまとめているものであり、どこかしらで決められたものではないです。

2-1.出演時間が長い

目当てのアイドルしか出ないというのが基本的なやり方なので、フェスやリリースイベントとは違ってそのアイドルの出演時間が長いです。

最低でも1時間半はやるでしょう。

アイドルやその時によって異なるとは思いますが、新しい曲も古い曲も聴くことができます。

お気に入りの曲が古めなものだとしても、出演時間が長い分やってくれる可能性が高いといえます。

ゆっくり観られるのはいいね

ずっとノリまくって暴れてると疲れるけどね

2-2.同じアイドルのファンと交流しやすい

やはりワンマンの場は、自分と同じアイドルのファンはもちろんのこと、同じメンバーを推す人とも繋がりやすい環境です。

自分の好きなアイドルのファンや、そこまでいかなくとも少なからず興味がある人でなければわざわざ来ないですからね。

できるだけファン同士の繋がりを増やしたいと思っている人にとって、ワンマンほどそれが実現しやすいライブは無いと思います。

Twitterで繋がっておいて、ワンマン当日にみんなで集合なんてこともやりやすいです。

確かにそうかもね

正直、ワンマンほど急激に知り合いが増える現場は他にない気がする

2-3.アンコールが観られる

フェスやリリースイベントよりかは終わる時間の制約がないので、運営が借りている会場の時間さえ問題なければアンコールが観られます。

そのアイドルにアンコールをやらないという謎文化があったり、アンコールを主導してくれるファンが全くいないなら別ですけどね。

アンコールは2、3曲ほど追加でやってくれるというパターンが多いので(アイドルに限った話ではないと思いますが)、やはり他のライブ形式よりも長く楽しむことができます。

ファンが少しライブを延長させられるのはいいね

その場のノリによっては、アンコールを2回かそれ以上やることもたまにあるよ

3.ワンマンのデメリットとは?

いろいろとメリットを書いてきましたが、逆にデメリットといえば何があるでしょうか。いくつか挙げていきます。

3-1.前で観られる可能性が低い

その場にいるみんなが同じアイドルを観に来ているので、フェスや対バンでは当たり前の「入れ替わり」がありません。

「目当てのアイドルを観終わったから、後ろに戻ろう」という概念がなく、チケットの整理番号に左右されます。

できるだけフロアの前の方で観たいのであれば、整理番号が前のチケットを入手するのが一番です。

チケットにグレードがあれば、高いものほど早く入場できる上に前で観られるので、あまりケチをしないほうが良いでしょう。

前の方が推しからのレスもらえそう

まあでも「チェキ会でお近づきになれればいいや」って思えば、そこまで前に執着せずに済むと思うよ

3-2.チェキ券が入手しにくいかも

もし推しているアイドルがグループ内でも人気度の高いメンバーであれば、ワンマンほどチェキ券が入手しにくい場はないでしょう。

僕が行ったライブも、チェキ券の売り切れが起きたのは大体がワンマンの時だったと記憶しています。

大まかなチェキ券の販売時間や場所は、基本的には事前にアナウンスされるので、運営の公式Twitterなどを見ておくべきです。

当日はそれに合わせて行動するのが無難なわけですが、会場周辺で数時間前から待つといったことを禁じている場合もあります。
その点を守りつつ、万全の準備をしてチェキ券を入手しましょう。


チェキ券手に入らないのはきついもんね

そう思う割にはチェキ会の情報を把握しきれてない人もいたりするから、いかにそういう人の先を行くかだね

3-3.静かに観たい人にとっては…

やはり同じアイドルのファンが一度に集まるので、ライブ中はとても盛り上がりやすいです。

フェスなんかであれば、なんとなく観ているだけの人もいるので、中間あたりでも静かにライブを観ていられたりします。

しかし、ワンマンでライブを静かに観たいのであれば、フロアの後ろの方に行くほかありません。

前の方では、人気な曲の時に後ろからの圧縮が来やすいので、静かに観ていることは難しいです。

前で静かに観たいというのであれば、リリースイベントで前を狙うのがおすすめです(くじ引き制だと狙いようがないですが)。

ずっと前のツアーのTシャツ着てて明らかに新規じゃないけど、なぜか頑なに地蔵(動かず叫ばずライブを観ること)する人いるよね

それはその人の楽しみ方だからね

4.オチ

なぜか一番エモさを感じるのはワンマン(個人的な考え)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。