アイドル

アイドルのライブ別メリット&デメリット #リリイベ編

アイドルのライブと言っても、フェスや対バン、ワンマン、リリースイベントなどなど、様々あります。

どれに行っても楽しめるのは間違いないですが、3年アイドルオタクをやっているうちに、それぞれにメリットとデメリットがあるように感じました。

今回はそのことについて、リリースイベント(以下:リリイベ)に焦点を当てていきます。

1.アイドルのリリイベとは?

アイドルのリリイベというと、新たにCDをリリースしたアイドルが発売と同時に行うものです。
発売前から行う予約制のパターンもあります。

基本的に某タワーレコードや某HMVといったCDショップが会場となり、店内でライブと特典会を行う場合が多いです。
1000円ほどのCDを2枚購入すればツーショットチェキ、3枚で私物などにサイン、それより多ければ囲みチェキ(そのグループのメンバー全員と1度に撮影できるチェキ)といった内容です。

何枚で何をやるかはグループやその時のリリイベによって異なるので、事前に確認する必要があります。

CDを買えばいいの?

そう。大体は1000円ぐらいのシングル1枚で特典券1枚かな。
2枚で撮れるツーショットチェキに行きたいなら、2枚買えばいいってこと

2.リリイベのメリットは?

ワンマンや対バン、フェスとは異なるタイプのイベントですが、まずはそのメリットについて書いていきます。

2-1.ライブを無料で観られる

アイドルのリリイベは、基本的にライブだけなら無料で観ることができます。
(アイドルじゃなくても同じはずです)

普段は数千円払わなければ観ることができないライブが無料というのは大きいですよね。
というか、無料でアイドルを生で見られる時点で十分ありがたいことですけどね。

元々そのグループのライブに行っている人もそうで無い人も気軽に観ることができるので、普段は見かけない人がいることもよくあります。
そこからハマる人もいるので、アイドル側も観る側も得するやつですね。

ちなみにリリイベではCDを購入すると、特典券と一緒に整理番号も入手できます。
くじ引きで決まるので、先に購入したからといってライブを前で観られるわけではありません。

しかし、CDを購入していない人よりも前で観られるようにしている店がほとんどなので、後ろすぎて全く見えないということはあまり無いです。

まあとにかく、「CDを買おうが買わまいがライブは無料で観られる」というのがリリイベの良いところです。

CD買わない人が多いほどアイドル側は損じゃないの?

それでも宣伝効果はあるから、完全に損ってわけじゃないと思うよ

2-2.特典にお金をかけられる

普段はチケット代で支払うはずのお金が浮くので、その分を特典にかけることができます。
もし6000円が手元にあったとしたら、相場で考えると

  • 普通のライブ:チケット代4000円×1、ツーショットチェキ代2000円×1=6000円
  • リリイベ:ツーショットチェキ代2000円×3=6000円

となるので、ツーショットチェキを2回多く撮ることができます。

特典にどうお金をかけるかはその人次第ですが、チケット代を払った上で特典会に参加するよりも、複数回参加しようという気にはなりやすいと思います。

(((ちなみに中の人の場合、悲撃のヒロイン症候群のCD13枚を購入してツーショットチェキ5枚と囲みチェキ1枚撮りました)))

上には上がいるから、この何倍も買った人もいるだろうね

ちなみにこれ、次の日中の人の甥っ子がおもちゃにしてたら母親(中の人の姉)が目撃して真顔になったらしい

これもうわかんねぇな

2-3.推しグループのCD売り上げが上がる

どちらかというとアイドル側のメリットになりますが、推しグループのCD売り上げに直接貢献することができます。
買えば買うほど貢献できるし、ファンはその分特典会でメンバーとお近づきになれるので、誰も損しないですね。

さっきのツイートの写真に写っているCDも、元々2枚前後買った人が多い上に凄まじい枚数を買った人も多くいるようで、色々とランキング入りしていました。

ちなみに中の人の場合、22年間ほとんどろくに彼女も紹介せずにアイドルのCDを13枚買っているということで、家族から呆れられてますけどね(小声)

あんまり買うと持ち帰るの大変だな…あ、配送頼めばいいのか(名推理)

ちなみに中の人は配送という概念を忘れてて、札幌の自宅から渋谷のタワレコまでCD13枚取りに行ってたよ

馬鹿スギィ!!

3.リリイベのデメリットとは?

アイドルもファンもWIN-WINでしかないように見えるリリイベですが、さあ果たしてデメリットはどんなものがあるでしょうか。

3-1.ライブが短め

無料のリリースイベントなので当たり前ですが、通常のライブと比べると時間が短いです。
フェスのデメリットと似ていますが、MCと3曲ほどを披露するというのがよくある内容です。

時間にして約30分ほどなので、ライブに行き慣れている人にとっては短さを感じてしまいやすいでしょう。

ただ、リハーサルから観られるというグループやリリイベもたまにあります。
本番と内容は全くと言って良いほど同じですが(そりゃそう)、少しでも長くライブを観ていたい人はもちろんのこと、1秒でも長く推しアイドルを拝んでいたいという人にとってはありがたいですね。

ライブが短くて物足りなくても、特典会楽しめればいいんじゃない?

それはある。てか特典会目当ての人なら何も気にならないはずだよ

3-2.お気に入りの曲をやる可能性が低い

新しく出たCDに入っている曲を中心にライブを行うので、既存の気に入った曲を披露してもらえる可能性が低めです。

どのライブでもセトリに入るぐらいの定番曲であれば話は別ですが、そうでない曲がお気に入りであれば、通常のライブでやってくれることを祈るしかないです。

中の人が観たリリイベでは、新曲のみというグループもあれば、新曲+比較的新しい既存曲というやり方のグループもあった気がします。

おそらく1つのグループを推していれば、その中で1曲ぐらいはお気に入りの曲があるはずです。
それをやってもらえれば嬉しいのは誰もが同じだと思いますが、その曲をやってもらえずにヘコむのではなく、「新しい曲を聞く場所」というのがリリイベとしての本来の姿であると再確認した方が楽でしょう。

3-3.初めてだと行きにくいかも?

リリイベはCDショップの一角で行われることが多くあります。

そのほとんどはライブハウスよりも断然狭く(失礼ですが)、しかも明るいのでファン同士で「周りに誰がいるか」がわかりやすい環境になっています。

そうなると、中間層や古参層のファン同士でよくある「あ、◯◯さん!お疲れ様です!」のくだりが起きやすいわけです。
そこから知り合い同士で固まりやすくなるわけでもあるので、あまりぼっち耐性がなく、なおかつ初めて来たという新規層のファンにとっては少し行きにくいかもしれません。

別に新規層を目の敵にしているわけではないでしょうけどね。

とにかく「ぼっちだろうと、推しが見られればそれでいい!」と、ある程度気にしないでいられるのであれば大丈夫だと思います。

逆に新規層を目の敵にする人なんているの?

あまり見かけたことないけど普通にいるし、そういう人が多い界隈(特定のアイドルのファンそのもの)もあるって聞いたことはあるよ

それもう推しへの営業妨害じゃん

新規顧客の獲得を妨害されてるようなもんだからね。でもそんな界隈はごく一部だから、あんまり心配しなくていいと思うけどね

4.オチ

特典会に本気出しやすいリリイベこそ、接触厨には至高

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。