都市伝説

謎の時代錯誤遺物「オーパーツ」#1

お久しぶりです。
っていうか、あけましておめでとうございます(今更)

年末以来の更新になってしまい、申し訳ありません。
このサイトのキャラクター「なるせちゃん」の新ビジュアルを書いていて、つい夢中になってしまったのが理由です。

まだ描きかけではあるんですが、載っけておきますね。

なんだこのねえさん!?(語録)

何って自分でしょうよ

描き上がったらまたお知らせしますね(まず需要あるのかこれ…)

さて、お絵描き報告はここらへんまでとして、今年1発目のネタは「オーパーツ」についてです。

この単語だけなら聞いたことがある人も多いと思いますが、具体的な話はそこまで知られていないかもしれません。

知れば知るほど面白い都市伝説のひとつなんですが、今回はこの「オーパーツ」について、ざっくりと書いていきます。

ゆっくりしていってね〜

1.オーパーツとは?

日本語では「時代錯誤遺物」とも言われる、「明らかにその時代にはそぐわない物」のことです。

例えば、旧石器時代の遺跡からスマホが出土したなら、まさにそのスマホはオーパーツということになります。

旧石器時代にスマホを作る技術なんて、どう考えても無いわけなので。

今のは極端な例えですが、世界各地で「どう考えても、当時の技術では作れないだろう」というオーパーツが見つかっています。

以下に、いくつか実例を書いていきます。

白亜紀の地層掘ってんだけど見て、PS5出てきたよ

気は確かか

2.実際に見つかったオーパーツ

2-1.アンティキティラ島の機械

Photo by Wikipedia

ギリシャのアンティキティラ島付近にある、沈没船から見つかったオーパーツです。

一見、その辺の機械部品にしか見えませんが、なんと紀元前150〜100年頃のものと推測されています。

この歯車には3500単語を超える長い文章が刻まれており、さらにはとても複雑な造りになっているとのこと。

気になるのはその正体ですが、これは主に天体観測を行うために作られた、歯車式の機械の部品だったそうです。

古代ギリシャの技術力よ…

2-2.デリーの鉄柱

Photo by Wikipedia

インド・デリーにある鉄柱で、長らく「どういうわけか錆びない」ということから、オーパーツとして知られてきました。

鉄は時間と共に錆びていくものですが、この鉄柱は作られてから1500年以上経つにも関わらず、この通り錆びていません。

「本当は鉄じゃないんじゃないの?」と疑いそうになりますが、実際には純度99.72%の純鉄です。

この純度の鉄は、通常わずか50年で錆びると言われています。

それなのに錆びないとなれば、今では失われた高い技術が使われているのか、1500年モノというのがガセネタなのか。

色々と調査がされていますが、どうも1500年モノなのは本当で、錆びにくいのはリンという成分が関係しているようです。

細かい話は省きますが、鉄柱は環境や製造過程でリンを多く含み、このことが錆びにくさを実現しているという見方があります。

我が家のAK47でさえ錆だらけなのにすごい

2-3.トルコの古代ロケット

Photo by Ancient-code

3000年ほど前に作られたとされる、トルコで見つかったオーパーツです。

ロケットのような形をした彫刻で、乗組員(宇宙飛行士)のような人物まで一緒に彫られています。

人類が初めて有人宇宙飛行をしたのは、1961年のこと。
まだ60年程度しか経っていません。

3000年も前に人類が宇宙に行けていたとは、にわかに信じがたい話です。

しかし、考古学研究家のゼカリア・シッチンが描いたイラストを見ると、やはりロケットに人が乗っているようにしか見えません。

ゼカリア・シッチンによるイラスト
Photo by coolinterestingstuff

このオーパーツの正体は未だわかっておらず、「神を祀るため」という推測しかありません。

鉛筆の先っぽアート説(適当)

2-4.水晶髑髏

Photo by Wikipedia

インカ帝国やマヤ文明といった、中南米で作られたとされるオーパーツです。

水晶で作られた骸骨の彫刻で、伝説がいくつか語り継がれています。

  • 太陽の光を浴びると虹色に光る
  • 下から光を当てると、目の当たりに光が集まる
  • 世界中の水晶髑髏を全て集めると、宇宙の謎が全てわかる
  • そもそも宇宙人が持ってきた

などなど。

驚くような伝説がいくつもありますが、それよりも驚くべきは「製作の難易度」です。

まだ機械が無かったであろう古代文明では、手作業で作られたと考えられます。
とはいえ、水晶を手作業で骸骨の形にしていくには、なんと300年以上かかってしまうとのこと。

このことから「とてつもない難易度の作業を、一体どうやってクリアしたのか」という謎が残ったわけです。

しかし調査の結果、機械で研磨された跡が見つかり、「近代に作られた偽物」という残念なオチがつきつつあります。

???「クリスタルスカルが見つからなかった?なぁ〜にそのうち見つかるさ!」(デ○ズニーのアトラクションで聞いた気がする)

3.オーパーツは他にもたくさん

今回はここまでにしますが、オーパーツは他にもたくさんあります。

また4、5個ずつで取り上げていこうと思います。

数百年前のケータイとかあったような

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。